黎明日本の礎を築いた、明治維新の大先覚者、佐久間象山先生の功績の偉大なることは論を待たない。 遠大なる世界的国家観と、開国進取を基調とする象山思想は後世まで燐と輝き、今日の日本を啓示する シンボルとも伝えられている。

 先生は混迷する国情を憂え、烈しい気魂を以って身を投じて、国事に奔走する傍ら、 切々たる心情を詩歌にも托し、時の幕府要路にも訴えた。


 その一首
”折にあへば散るもめでたし山ざくらめづるは花のさかりのみかは”
は先生の決意を知るに十分である。


 大正二年象山殉難五十年祭を契機に、元大審院長横田秀雄博士の主唱で、神社創建の計画が進められ、 地元をはじめ県下全市町村及び信濃教育会・全学校・全国関係者の協力によって、 昭和十三年十一月三日県社として創建された。


 ----- 象山神社 イントロダクション ----- 
Copyright(C) 2004 by Zouzan Shrine All Rights Reserved.